沖一ハイヤー
 

HotNews

2015.10.10~10.12 第45回 那覇大綱挽まつり

一日目は、那覇市の中心部に位置する国際通りにおいて、各種サークル・地域団体・伝統芸能保存会による「市民演芸・民俗伝統芸能パレード」が催され、およそ50団体が華麗な演舞を繰り広げます。
二日目は、勇壮な旗頭行列が国際通りを練り歩き、ギネス認定を受けた世界一の大綱挽が、国道58号線久茂地交差点を中心に盛大に行われます。
旗頭が舞う中、年齢、性別、国籍を問わず数万の人々が一体となって綱を引き合う様は、まさに圧巻です。

詳しくは http://www.naha-navi.or.jp/nahamatsuri.html

2015.09.26 首里城公園「中秋の宴」

琉球王朝時代、冊封使(中国皇帝の使者)をもてなすために開かれた観月会で、披露された冊封七宴のひとつ、 中秋の宴。
名月の下、幻想的に浮かび上がる首里城や優美な伝統芸能で、琉球王朝時代へタイムスリップしたようなひとときを楽しめます。

2015.08.02 夏祭りin 那覇 一万人のエイサー踊り隊

1000人の踊り手によるパフォーマンスや青年会の迫力ある伝統エイサーや、華麗な創作エイサーが真夏の那覇を熱くする。伝統エイサーから現在のエイサーまで、存分に楽しむことができます。詳しくは http://kokusaidori.jp/

2015.03.25~29 沖縄国際映画祭

1回目の映画祭の開催以来、多数の協賛企業の皆様、沖縄県ご関係者と県民の皆様、映画・テレビ・出版・ゲーム・デジタル・WEB・音楽・パフォーマンス・沖縄伝統芸能や現代音楽等々のたくさんのメディア・エンターテイメント業界のご関係者様から、数え切れないほどの出会いとご協力をいただき、本映画祭は、大きく、楽しく、話題性と笑顔あふれるものになって参りました。

詳しくは  http://www.oimf.jp/

2015.02.07~15 沖縄国際洋蘭博覧会

沖縄国際洋蘭博覧会は、ランを広く国民へ普及を図るとともに、ランの保全、花卉園芸の普及、芸術文化の創造、観光振興等への寄与、都市緑化の推進と公園の利用促進を図ることを目的として開催するものです。

本博覧会は熱帯ドリームセンターの開館を期に開催されたもので、今回で29回目を迎えることになりました。その間に国内有数のラン展示会として、また沖縄の冬期のビックイベントとして、沖縄の観光産業に少なからず寄与してきました。

主役はなんといっても愛情を受けて咲き乱れた華やかなランたちの共演です。
国内外より出展された選りすぐりのランの中から選ばれた最優秀賞には沖縄国際洋蘭博覧会大賞(内閣総理大臣賞)を、鉢物、切花などの各審査の部の最も優秀な作品に対しても、関係大臣賞が授与され、充実した内容となっています。
また、会場となる熱帯ドリームセンターはランの大温室3棟を備えており、博覧会期間中は大温室がすべて出展ランで埋め尽くされます。その他にも、「バレンタイン・オーキッド?花と愛をあなたに?」をテーマにした華やかなランの装飾が会場内を彩ります。

詳しくは http://oki-park.jp/oios/index.html

2015.01.24~25 JTB杜の賑い沖縄

JTBの「杜の賑い」は、交通公社協定旅館連盟(現JTB協定旅館・ホテル連盟)の25周年記念事業並びに、JTB創業70周年記念商品の位置付けで昭和56年に企画され、誕生したものです。えたこのイベントは、「地域に埋もれた、あるいは忘れ去られようとしている郷土の祭りや芸能を見つけ出し、掘り起こし、時と場所を選ばず一堂に集めて展開し、旅の中でお楽しみいただく」をコンセプトに、当初は国内旅行素材開発を目的に開催されましたが、年を重ね、回を重ねるごとに、単なる観光商品ではなく、地元自治体、観光関係機関との連携などから発展的に規模が拡大し、近年では、地域における伝統文化の保護育成、若者達の創作芸能への芸術支援や、地域活性化事業としてのイベントの色彩を濃くしながら、全国各地で開催されています。詳しくは http://www.jtb.co.jp/chiikikoryu/mori/index.asp

2015.01.17

八重岳(標高453m)では、1月中旬の寒緋桜(かんひざくら)の開花に合わせて、毎年桜まつりを開催します。

2014.12.07 NAHAマラソン

平和祈念公園を中心とする、那覇市、南風原町、八重瀬町、糸満市、豊見城市の南部5市町を通る42.195kmのコース
スタート: 国道58号線明治橋交差点 9:00
ゴール : 奥武山陸上競技場 15:15
詳しくは http://www.naha-marathon.jp/index.html

2014.10.24~16 平成26年度首里城祭

琉球王朝時代を再現した「首里城祭」が首里城公園と国際通りで行われます。
琉球絵巻行列では国王や王妃をはじめ琉球舞踊や三線隊・旗頭隊に冊封使行列 琉球を知るチャンス!

2014.09.06~07 第21回首里城公園「中秋の宴」

琉球王朝時代、冊封使(中国皇帝の使者)をもてなすために開かれた観月会で、披露された冊封七宴のひとつ、 中秋の宴。
名月の下、幻想的に浮かび上がる首里城や優美な伝統芸能で、琉球王朝時代へタイムスリップしたようなひとときを楽しめます。

2014.08.15~17 第59回全島エイサー祭り

全島エイサーまつり」は、毎年旧盆明けの最初の週末に行われる、1956年の「コザ市誕生」を機に「全島エイサーコンクール」としてスタートし、今では沖縄の夏の風物詩として日本を代表する「まつり」の一つとなりました。

「まつり」には本島各地から選抜された青年会などの団体や、全国の姉妹都市や協賛団体からのゲストが集結します。会場に鳴り響く三線、歌、太鼓のリズムに酔いしれ、その迫力あるバチさばきに感動しながら、本場のエイサーのだいご味を思う存分味わうことが出来る一大イベントです。

まつりは3日間に渡り、金曜日のまつり初日には、国道330~コザ・ゲイト通りでの「みちじゅねー」、そして土曜日の中日が沖縄市青年団協議会による「沖縄市青年まつり」日曜日が「本祭」として、全島から集められた青年会による、エイサー大会が沖縄市コザ運動公園で開催されます。

また、運動公園サブグラウンドで同時開催される「ビアフェスト」との相乗効果で会場周辺では、夜遅くまで祭りの賑わいが続きます。

詳しくは沖縄全島エイサーまつり実行委員会オフィシャルサイト

2014.07.19 海洋博公園サマーフェスティバル 2014

沖縄県国頭郡本部町(くにがみぐんもとぶちょう)にある海洋博公園・エメラルドビーチで毎年、7月中旬に行なわれるイベント。約1万発の花火大会(海洋博公園花火大会)をはじめ家族で楽しめるビーチアトラクション、沖縄のアーティストによるサンセットコンサートなど、さまざまな企画が催されます。旅行会社やバス会社でツアーが組まれるほど人気の高いイベントです。入場は無料

2014.06.01 糸満ハーレー

沖縄県糸満市糸満の糸満漁港中地区で毎年旧暦5月4日(5月下旬~6月下旬)に行なわれる伝統行事。「糸満ハーリー」とも呼ばれています。約600年前に中国から伝わったとされ、爬竜船(はりゅうせん)を漕いで競い合い、航海の安全や豊漁を海神に祈願するウミンチュ(漁師)のお祭りです。
糸満ハーリーは「御願バーレー」「転覆競漕」「上イバーレー」「アヒル取り競争」など見どころも多く、今では、3万人を超える観光客が訪れる風物詩となっています。ハーレーは沖縄の他の地域でも行なわれますが、日曜日や祝祭日に行なって観光化する地域が増えていますが、糸満ハーレーは、神事性を重んじ、伝統どおり旧暦の5月4日に行なわれます。
詳しくは糸満市公式サイト

2014.05.17 よへなあじさい園

沖縄が梅雨入りとなりました。あじさいの季節到来です。これまで少雨傾向で、心配しましたが梅雨を浴びあじさいの開花も急速に促進されるものと思います。よって、5月15~17日ごろにはオープンが出来るのではと予測しています。
お陰さまでオーナーの母ウトは、今年満97歳を迎えます。元気に現役をしています。開園に向け追われている除草と枯れ枝剪定作業におふくろも大きな戦力です。写真は作業中の母ウトです。愛情を注いだあじさいは一杯つぼみをたくわえています。
詳しくはよへなあじさい園サイト